タグアーカイブ 手術

投稿者:貴喜

美容・形成外科の事前調査〜当日調査 1

肉体の弱点を今世に限らない因果から見た時に・・。

人間の身体・肉体は、生まれてから死ぬまでの間に色々とメンテナンスをしなければならない時が訪れます。手術もその中の一つです。

一度も手術した事がない人というのはなかなかいないのではないでしょうか。親知らずの抜歯レベルの事もカウントするとしたら、私も手術を受けた経験があります。

問題はそれが失敗するというケース。何度繰り返してもうまくいかないというケース。それはたまたまそうなったのか?だとしたらそれは医師の問題?ご依頼者側の問題?それともそれぞれの周囲から来る問題?問題の種類は?肉体的なものか?霊的なものか?もっと言うとその手術する箇所・原因が発生しているのは、どのような流れや因果で起こっているのか?などの方が重要な場合もあります。
病気の原因を医学的に言っている訳ではありませんよ?

今世の中だけに限らない前世以前や、今世の周囲の(霊的を含めた)環境、その手術を成功する事を嫌うものの存在の有無など。もっと広く視点を持った場合に、その人はどういうケースと言えるのか。ご依頼者の視点から見ることと、私が俯瞰的に上から見る景色は全く違うことも多いです。

人には生まれながらにそれぞれに弱点が皆あります。DNAの欠損とか、先天的とかの言い方は色々ありますが、もちろん前世以前からの因果が関わっている場合に限らず、フリハ調査でしか導けないようなとても複雑な原因がある場合も時にはあるのです。

 

 

ご案内の基本的なスタンス。

でもまあそんな事を言い出しても仕方ない場合も多いですし、もしそれが霊感がない人・体感が伴わない人がご依頼者であればどう言って伝えてもわかってもらえるのはある程度の限界があるでしょう。だとしたら2つに一つ。
・霊感・体感がある人へはそのまま事実を伝えて判断してもらう。
・霊感・体感がない人へは結果を伴うために全力で出来ることを提案して判断してもらう。
・その間の程度の人へはちょうど良い加減で事実をお伝えして判断してもらう。
大病や何度もうまくいかない手術のご相談を受けた時、私はこのようなスタンスで調査してご案内しています。

 

何が?何故?いつから?どうやって?どのように?どうして?(5W1H)

”その人の弱点である箇所の手術を何度してもうまくいかないような時、どういう理由でそのような結果になってしまうのか。”
何故なんだろう?何故手術をしてうまくいく人とうまくいかない人がいるのだろう?

このお題目に対して、ご依頼者と医師との相性合わせや推奨度合いなどはこれまでも鑑定でよくして来ましたし、自分にもご依頼者にも全方位にして来たので、ここのノウハウは蓄積できています。

ただもっと念には念を入れてする場合、手術の最中にも何かトラブルが起こったり霊的な邪魔が万が一入らないように、今回はご依頼を受けてそこまで徹底したケースでした。そしてこの経験はとても貴重でしたし色々な発見がありました。
手術時にどのような現象が現実と霊的の両面で起こっているのか、どのような仕組みが発生しているのか。これを霊的にみたときに何が瞬間起こって何が邪魔をしてくるのか。

そのような場に同席して調査・経験を重ねるうちに、だんだんとこれまで想像しにくかった複雑な仕組みもある事がわかって来ました。

投稿者:貴喜

含歯性嚢胞の手術の先生選びと炎症止めの薬選び

私、含歯性嚢胞の口腔内外科手術を受けた後で抗生物質のダラシンを出されて連日結構飲んでいました。術後は炎症が起きるので、化膿防止・炎症防止のためです。
けれど全然痛み・炎症が引かず、3週間くらいして再び大学病院に行っても又ダラシンを出されて。。早い人は1週間くらいで痛み・炎症は消えるらしい。口腔内の肉は切ってもすぐに回復してくる。再生が早い部分なんだろうな。

 

んー、これって私が自分の薬選んだ方が早いんじゃないかな?
そう考えて持ってた抗生物質の中からフリハ調査で選んだ抗生物質を飲んだらすぐに2〜3日で痛み・炎症が引いてきた。

そこらへん私は敏感体質というか特殊体質だから、普通には薬を合わせるのは難しいのだろうな、原則的にダラシンを出すのは正解のはずなんだ。王道的選択。ただ特殊体質というか総じて超過敏体質だから、薬をかなりより好みして選ぶんだ。私の身体は。

だから、私に限らずこういう過敏体質の人は結構薬の正しい選択に苦労している人も多いはず。

ドンピシャリの薬を選べていれば、最短・最速で行けるんだ。
それだけでこと足りるんだよ。薬の数も日数もいらないんだ。影響力はどんぴしゃりの薬で突き抜けていけるから。

 

手術はもちろん、この大学病院は狙って紹介状持って行きました。
忙しいから入院より日帰りの方が希望でした。
又、当日診察を受けてこの先生手術したら天才肌だな・・・とその場でフリハ調査してわかったので。この先生に手術してほしいなとその場で意思確定して伝えました。話は全然ダメダメな説明下手でふにゃふにゃと一見頼りなさそうな先生でしたが、そこは別に視るところではありません。
先生曰く私に決定権限はないから・・とのことでしたが、手術当日はその先生と外科部長と2人体制でしてくれました。これは予想してませんでしたが。

振り返って考えてもフリハ調査しなかったら絶対選んでいない先生だと思いますが、フリハ調査したからこの先生じゃないと嫌だなと思ったわけです。

 

手術は無事成功。神経部分のキワキワの部分で結構リスクもあったはず。びっくりしたのは、あのふにゃふにゃして説明してた人が、手術になると別人のごとく大胆にメスで切り裂いてドリルでガリガリあっという間に手術を進めるではありませんか。車のハンドルを握ると人が豹変して攻撃的な運転をする人っているでしょう?あんな感じ。このテキパキした変貌ぶりのことをフリハ調査では言っていたんだな。と納得しながら手術を受けていました。

この先生にしてもらってよかった。決して経験豊富そうな年輩の先生ではなかったけれど、でもしっかり外科部長と2人体制で本番はしてくれたしそれも気持ち二重丸でした。

 

詳しくはこちらのホームページへ
≫≫ 理想からだ研究所
≫≫ 肌質と皮膚トラブル研究所
お問い合わせ
tel 080-4822-0055
tel/fax 050-3409-7257

依頼・支払い・利用案内
鑑定 注文

error: Content is protected !!