月別アーカイブ 2022年1月6日

投稿者:貴喜

+−2正面作戦が望ましい

自分に合うものとは?

自分に合わない飲み物が事前に一通りわかっていれば、飲んだ後にアレルギーや湿疹や蕁麻疹、体調不良などになることを大きく減らせます。

自分のからだの特性をよく知っておくことは大切ですが、自分のからだと外界との関係性を知っておくことはさらに自分をうまくコントロールすることにつながるでしょう。

今はアレルギーとかアトピーとかアナフィラキシーとかが多い時代ですけども、それらは自分と外界とを知っていれば防げるものも多いです。からだが本来嫌がるものの積み重ねがさまざまに症状を引き起こすのであり、それは霊視&フリハ調査でお調べできる対象も非常に多くあります。

からだに良いものと悪いものどちらから攻略するか

注意しなければいけないのは、からだに良いものを徹底的に追求している人が、からだに悪いものも摂取しているとそれは差し引きされると言うこと。別にとても良いものばかりを摂取していなくとも良いのです。悪いものを徹底的に排除していれば、それはそれで差し引きした結果の着地点次第では自身を随分とコントロールしやすくなります。基本的に悪いものから攻略していくのも効率としては良いでしょう。

ダイエットなどでどうすれば痩せるか?という調査をする場合、◯◯が痩身効果がある。といった調査をしてもそれ以上に増量効果のあるものを摂取していたらその差し引きが結果となります。それと同様です。そういう意味で目的を追求する場合、何を加えて何を減らすかという2正面作戦が最も望ましいといえます。

投稿者:貴喜

からだへのストレスを何層にも消していこう

飲料との相性を変えてみる

例えばこのお酒。この液体はおおよそ私の体に合っています。身体に合わないものを体内に入れるのは原則良くありません。普段の私の体に合っていて好んで飲むのはキリンラガービールだったりしますが、いろんな発見の意味でもたまに全く飲んだことのないお酒も実験的な良いで飲みます。

でも、からだに合わないお酒を飲まなくてはならない時にどうするか。
私が自分でこのお酒の性質を変えてみるわけです。漢方を少し加えて変えてみる。漢方がなければ何か他のもので代用して調合してみる。するとその瞬間に私の体と合う液体にお酒が変わるというわけです。

つまりこのお酒の成分と波動を変えてみたわけです。

体は正直にストレスをカウントしている

こういったことを繰り返すことで体のストレスの積み重ねは何層にも消していけます。
自然治癒力がまっすぐ進むべき方向へ進むようになるし、回復時もからだの意思は方向性を誤ったりはしない。

からだが強い人は理解しにくいでしょうか。
しかし私はこれくらい当たり前に常に気を使って、体に合っているものを食して時に霊的なアタックから肉体を補強してきました。
このような何十年にわたる経験を、細かいレベルで噛み砕きながらご依頼者の鑑定に役立てていければと思って日夜研究を重ねています。お酒を飲みながら(^^)

error: Content is protected !!